浮気がバレるケースが見られる

>

トラブルの原因になるから注意しよう

ユーザーを紹介するシステム

たくさんのユーザーと繋がるために、SNSが自動でユーザーお紹介してくれるシステムがあります、
そこで気が合いそうな人を見つけたらフォローして、SNSでの繋がりを広げていきましょう。
知り合いを増やしたい時に便利なシステムですが、相手がどんな人か見極めてください。
現実世界の友人とSNSで繋がっている人は、友人の友人を紹介されることが多いです。

しかしまれに表示された相手が、実はパートナーの浮気相手だったということがあります。
知らない人で、プロフィールを見ても趣味が合わなそうだと思ったら、パートナーの浮気相手かもしれないと疑ってください。
投稿を見れば、パートナーと一緒に写っているところを目撃するかもしれません。

証拠になる投稿がないかチェック

浮気相手はバレていないと思って、パートナーと仲良く写っている写真を平気でSNSに掲載しています。
そこから浮気が発覚する事例が多いので、怪しい人を見つけたらこっそり動向を伺うのがおすすめです。
パートナーは警戒しているので、浮気をほのめかすことはSNSで呟かないでしょう。
ですからパートナーのアカウントを見張っていても、無駄な結果に終わります。

浮気相手の投稿をチェックする方が、浮気の証拠を掴めるかもしれません。
仲良く写っている写真が投稿されたら、残念ですが確実に浮気をしています。
それ以外に、少し写っている私物がパートナーのものだったり、部屋の様子がパートナーの部屋と一致していることから浮気がバレることがあります。



TOPへ戻る