浮気がバレるケースが見られる

>

アカウントを2つ持っている

日常の投稿をチェックしよう

実はパートナーが、SNSで裏アカウントを持っている可能性があります。
浮気をしていることが絶対知られないように、SNSの裏アカウントで浮気相手とメッセージを送り合っているかもしれません。
何気なく他のユーザーの投稿を見たら、行動パターンがパートナーに似ていた場合は要注意です。
パートナー本人かもしれません。

裏アカウントを作っていても、別に浮気をしているわけではなかったら放っておきましょう。
投稿をさらに具体的に見れば、パートナーが自分以外の人と付き合っているかわかるはずです。
同じ人と一緒にいる時間が長いことが判明したら、その人と浮気をしている可能性があります。
頃合いを見て、パートナーを問い詰めてください。

友人が口説かれる事例

裏アカウントでパートナーがこっそり口説いていた人が、自分の友人だったという事例を聞きます。
友人としては複雑な気持ちかもしれませんが、自分と付き合っているのに他の人を口説くような人は信用できません。
そのような被害に遭ったら、すぐ教えてもらいましょう。
また、自分に隠れてパートナーと付き合う友人も信用できません。

SNSを使っていると、恋愛面でも友情面でもトラブルが起こる可能性があります。
しかし浮気をする人や、相手にパートナーがいることを知っていながら付き合う人は信用できないのでこちらから関係を絶ってください。
このまま交流を続けていても、トラブルに巻き込まれるだけです。
早めに関係を絶った方が良いでしょう。



TOPへ戻る